個人情報保護

 

個人情報保護方針

個人情報保護方針
 
 公益財団法人宇治市文化センター(以下「当財団」といいます。)では、「公益財団法人宇治市文化センター個人情報保護規程」に基づき、個人情報保護を実施しています。
 この規程は、当財団が保有する個人情報を適正に取り扱うことにより、文化会館の公正な管理運営を図りつつ、個人の権利利益を保護することを目的としています。
 また、この規程に基づき、当財団に対して、当財団が保有する自己の個人情報の開示、訂正などの請求を行うことができます。
 
個人情報の開示・訂正等の概要
1 自己の個人情報の開示、訂正の請求
  どなたでも当財団が保有する公文書に記録されている自己の個人情報の開示、訂正などの請求をする
 ことができます。
  ・ 自分の情報を知りたいとき
     公文書に記録されている自己の個人情報の開示の請求ができます。
  ・ 自分の情報に誤りがあるとき
     開示を受けた自己の個人情報の訂正(追加又は削除を含む)の請求ができます。
  ・ 適法な手段によらないで自分の情報が収集されたとき
     開示を受けた自己の個人情報の利用停止又は消去ができます。
  ・ 適法な手段によらないで自己の個人情報が利用されているとき
     開示を受けた自己の個人情報の利用の停止ができます。
  ・ 適法な手段によらないで自己の個人情報が提供されているとき
     開示を受けた自己の個人情報の提供の停止ができます。
  
2 請求できる個人情報
  自己に関する情報で、文書、図画、写真及び電磁的記録により当財団が保有しているもの
 
3 開示ができない個人情報
  自己の個人情報であっても、次のような個人情報は開示できないことあります。
  ・ 第三者の個人情報が含まれている情報
  ・ 開示することで、市民生活の安全と秩序の維持に支障が生じるおそれがある情報
  ・ 法人又は事業を営む個人の正当な利益を明らかに害すると認められる情報
  ・ 法令等の規定により開示することができないとされている情報
  ・ 当財団で審議、検討又は協議段階の情報で、公開することで公正な意思形成に著し
    い支障が生じるおそれがあるもの
  ・ 試験、交渉、入札、人事、争訟などにおける個人情報で、公開することで当該事務事業の目的
    を達成することができなくなるおそれのあるもの
 
4 存否を明らかにできない個人情報
  開示請求された個人情報が存在しているかどうかを答えるだけで、上記の開示できない個人情報を
 開示することとなるときは、その個人情報の存否を明らかにできません。
 
5 開示などの請求の手続
  開示などの請求をするときは、請求書を事務局に提出してください。
  請求に対する決定は、原則として、請求があった日から、開示の請求については15日以内に、訂正
 の請求、利用の停止の請求などについては30日以内に行います。
  また、請求に対する決定は、決定通知書により、請求者ご本人にお知らせします。
 
6 開示の実施方法
  決定通知書によりお知らせした日時、場所、方法により開示を行います。
  開示は無料ですが、写しの交付の場合は、コピー代(A3サイズまで1枚につき10円)が必要で
 す。
 
<<宇治市文化センター>> 〒611-0023 京都府宇治市折居台1丁目1番地 TEL:0774-39-9333 FAX:0774-39-9339